東京六稜倶楽部のご案内

内容:

—–次回の講演—–
【第227回】令和3年11月20日
『ミッション:コロナ禍における求心力』
岩田松雄さん@89期
(株式会社 リーダーシップ コンサルティング代表取締役社長 / 元スターバックスコーヒージャパン代表取締役最高経営責任者)
コロナ禍でリモートワークが中心となり、企業には遠心力が働いている。今だからこそ、企業の存在理由である「ミッション」の重要性が増しています。ミッションとは何か?ミッション作成のヒントさらに、なぜスターバックスの店舗の人たちが生き生きと楽しそうに働いているのか、熱く語ります。まとめとしてリーダーに求められるものをお話しします。

本講演の開催は、オンラインで行われます。ご注意ください。

14時 講演開始
☆13時30分をめどに入室を完了してください。
☆13時50分会議開始。
☆定刻前でも入室可能です。

本講演URL・参加方法に渇しては、各期常任理事にお問い合わせください。

同窓生以外で参加希望の方は承認が必要ですので、下記アドレスにご連絡お願いします。
東京六稜俱楽部事務局長  牧 武志(take_maki@jcom.home.ne.jp

略歴など詳細はこちら

【特別講演第2弾】令和3年11月27日
『不可思議なるいのちの世界に目覚めて』
名倉 幹さん@93期
(真宗大谷派(東本願寺)僧侶 北米開教使、Jodo-Shinshu Shin-Buddhist New York Sangha、親蓮坊いのちとこころの相談所「聞」主幹)
仏門の生まれでもない小生が、学生時代に起きた父の死を機縁にある方との出会いに恵まれ、大阪のあるお寺に仏の教えを聞きに行くことが始まり、それが銀行等サラリーマン生活を通してずっと続くようになり、いつの間にか宗教的に心の目が開かされてまいりました。それは一言で申しますと、自分が生きているのではない、徹頭徹尾不思議にも生かされている身であったという自覚であります。そのような気づき、目覚めを何度も反芻、確かめていく過程におきまして、人間として生まれ生きていく道中において体験する様々な苦悩を転じうる力を得て、私どもはこの世を生きていくことができるという確信を得て、43歳で得度し坊さんとして生きるようになりました。

現在のコロナウイルスの蔓延も、いのちの不思議な世界の出来事であり、私たち人間はこの不安が絶えない世界の只中にあって、如何にして心の富者となり、生死に処していくことができるのか・・・。丁度今年は、仏教を日本国民に導入してくださった聖徳太子の1400年忌に当たり、そのようなことを皆さまと共有できればと思う次第であります。

本講演の開催は、オンラインで行われます。ご注意ください。

14時 講演開始
☆13時30分をめどに入室を完了してください。
☆13時50分会議開始。
☆定刻前でも入室可能です。

本講演URL・参加方法に渇しては、各期常任理事にお問い合わせください。

同窓生以外で参加希望の方は承認が必要ですので、下記アドレスにご連絡お願いします。
東京六稜俱楽部事務局長  牧 武志(take_maki@jcom.home.ne.jp

略歴など詳細はこちら

—–これからの講演—–
【第228回】令和3年12月18日
『脳科学から褒めの効果を考える』
定藤規弘さん@88期
(自然科学研究機構 生理学研究所 システム脳科学研究領域 心理生理学研究部門 教授)
ヒトの社会は、血のつながらないヒトとヒトとの間の役割分担で成り立っています。ここで大切なのは、他人のためにみずから行動すること(向社会行動)です。この向社会行動が起こる理由のひとつとして、他人に「ほめられる」ことがあります。「ほめられること」は他人からのポジティブな評価であって「社会的な承認」です。「ほめ」を脳内で処理するときには、「報酬系」(お金をもらったときなどのように、心地よい気持ちを引き起こす神経回路)と、他人の心を推測するときのしくみの、両方が関連していることがわかりました。つまり、お金をもらったときも、他人にほめられたときも、同じような報酬系という脳の活動が起こる一方、褒められたことを理解するためには、他人の意図を正確につかむという社会能力が必要であるのです。他人に「ほめられること」は、私たちが育ち、学び、幸福に生きていくために、どのような効果があるのでしょうか。  神経科学と人文科学をつなぐ架け橋となる「脳機能イメージング」の研究を中心に、情緒との関係で説明したいと思います。

略歴など詳細はこちら

【第229回】令和4年1月19日(オンライン開催の場合は1月15日)
『最新の宇宙像』
家 正則さん@80期
 (国立天文台名誉教授 / 日本学士院会員)
私たちがハワイ島マウナケア山頂に17年かけて1999年に完成した8mすばる望遠鏡は、130億光年かなたの銀河を観測して宇宙の夜明けを解明し、ダークマターの分布も明らかにしつつあります。また、視力を10倍にする「超賢い眼鏡」を装備したすばる望遠鏡は、太陽系以外の恒星を廻る惑星の撮影にも成功しました。国立天文台がチリに建設した電波干渉計ALMAも惑星誕生の現場やブラックホールシャドーの撮影に成功。ニュートリノや重力波の観測も始まり、人類の宇宙観はこの20年で劇的な進化を遂げています。最新の天文学・宇宙物理学の知見をスライドやムービーで分かりやすくお話します。

一方で、2008年以降、これらの観測をさらに先へ進めるためライフワークとして取り組んできた次世代超大型望遠鏡TMTの建設は、ハワイ先住民迫害の歴史問題を背負った反対運動に会い、工事ができない状況が続いています。月や火星などの探査や宇宙への進出も視野に入りつつあり、宇宙文明との遭遇さえ真面目に考える時期が来たのかもしれません。これらについての問題意識も共有させていただければと想います。

略歴など詳細はこちら

以後の講演予定

回数 日付 演題 講師 詳細
230 2/ 未定 未定
時間: 各回の案内参照のこと
場所: (現在、会場開催を中止しております)
日程:毎月第三水曜日
銀座ライオン7丁目店 6階「ライオン銀座クラシックホール」
東京銀座・GINZA SIXとなり
Tel.03-3571-2590
参加費: 2,500円(会場開催の場合)
東京六稜会「東京六稜倶楽部」事務局:
 牧 武志@73期 、 山上 芳昭@79期
東京六稜会Facebookグループ:
https://www.facebook.com/groups/tokyorikuryo/

東京六稜倶楽部 講演録

演題演者
【226回】10月「腸内細菌のはなし」 竹田 潔さん@97期
【225回】9月「東京2020オリンピック サッカー競技の舞台裏」 宮崎英津子さん@100期
【224回】8月「任務と子育ての狭間で -33年の自衛隊勤務を終えてー」 三角智子さん@94期
【223回】7月「三浦按針の謎と影響」 藤田浩一さん@77期
【222回】6月「ウナギの完全養殖の実用化を目指して」 田中秀樹さん@88期
【221回】5月「主婦ほどクリエイティブな仕事はない!」 山口あゆ美さん@98期
【220回】4月「ファン・ゴッホとその手紙 ー画才もない不適応者を世界的画家に育てた家族たちの遺産ー」 圀府寺司さん@88期
【219回】3月「建設業の課題と使命」 印藤正裕さん@87期
【218回】2月「プロジェクト・マネジメントと日本のインフラ輸出を考える」 多賀正義さん@76期
【217回】1月「健康ファイナンス思考による、長寿時代の健康戦略 +新型コロナウィルス感染症 最新事情」 奥 真也さん@93期
【216回】12月「レオナルド・ダ・ヴィンチ、空飛ぶ機械の夢」 米田 洋さん@89期
【215回】11月「酒とシゴトと男と女♪ ・・・ 男女均等法vs呑ん兵衛の25年戦争?!」 横山ちひろさん@100期
【214回】10月「トランプ大統領の再選を占う -アメリカ駐在、16年間の経験を踏まえて-」 山岸勝也さん@68期
【213回】9月『「関西人」村上春樹』 金水 敏さん@87期
【212回】8月「改めて建築家の役割を考える」 —50年間の設計活動を通して— 今井俊介さん@82期
【第211回】7月「Industry4.0時代の建築 ー羽田クロノゲート・豊洲市場を読み解くー」 五十君興さん@88期
【オンライン特別講演】6月「オペラ歌手 ~自分の可能性を信じて~」 平尾 啓さん@92期
【207回】3月・【208回】4月・【209回】5月・【210回】6月 開催中止 開催中止
【206回】2月「G7サミット、G20をサポートして――MICEを通じたまちづくりにも関っています!」 紫冨田 薫さん@87期
【第205回】1月「中小企業を取り巻く事業承継・M&Aの最新動向」 中村 亨さん@99期