東京六稜倶楽部のご案内

内容:

—–次回の講演—–
【第182回】平成30年2月15日(木)
「楽天イーグルス創設物語(完全編) ~球団創業から日本シリーズ優勝まで~」
佐野憲一さん@98期
楽天株式会社 チケット事業 ジェネラルマネジャー
≪講演内容≫
2004年秋、近鉄バファローズが経営難のために消滅しました。
選手は行き場を失いストライキを敢行、セ・パ合併しプロ野球が1リーグにリストラされようとする中、新規参入に手を挙げたのが楽天でした。
50年ぶりの新球団が誕生したのは開幕までわずか5か月に迫った時のこと。
プロジェクトメンバー3名、チームも球場も会社もなく、すべてゼロからの創業でした。そんな状態からファンのために取り組んできたこと、東日本大震災の惨禍と絶望を乗り越え、地元の人々とともに悲願の日本シリーズ優勝を勝ち取った時の喜び、楽天イーグルスを通じて東北に生まれた勇気と絆、子供たちの未来と地域の発展に向けてプロ野球球団が担うべき役割や社会貢献のありかたなど選りすぐりのエピソードを、創業から日本シリーズ優勝まで駆け抜けた一人の北野生がお伝えします。2017年6月の東京六稜総会では話しきれなかった秘話も満載、笑いと涙のアメージングストーリー。

略歴など詳細はこちら

—–これからの講演—–
【第183回】平成30年3月15日(木)
「JTのM&A」
新貝康司さん@86期
日本たばこ産業株式会社 代表取締役副社長
≪講演内容≫
日本市場が成熟していく中で、海外展開の手段として多くの日本企業が、海外での企業買収を成長の手段として活用しています。JTにおいても海外たばこ事業は、1999年のRJRI社、2007年のギャラハー社と言った大型の買収を経て、現在では売上、利益ともグループ全体の過半を占める事業になりました。買収の成功は、所期の目的を果たし買収時に支払ったプレミアムを超えるシナジー効果を上げることです。しかし、買収は異なる企業どうしの謂わば結婚であり、大規模な買収になるほど、日々予期せぬことが起きることを覚悟しなければなりません。したがって、この現実を直視し、被買収企業のガバナンスをはじめとして、買収後経営の課題に如何に対処するかが、買収の成功を左右すると言っても過言ではありません。今回は、JTの海外たばこ事業でのM&Aと買収後経営を事例として取り上げ、海外企業買収成功への道のりをお話します。

略歴など詳細はこちら

【第184回】平成30年4月19日(木)
「偽善者としてのオバマ前大統領」
大野和基さん@85期
国際ジャーナリスト
≪講演内容≫
1.オバマ政権中、言論弾圧の目的でジャーナリストと情報源を訴えた数は、それまでの大統領が訴えた数の合計よりも多い。そのために刑務所に入ったNYタイムズの記者もいます。

2.国民の監視はしていないと言いながら、裏では国民の電話、メールなどの盗聴、クレジットカードの使用をすべて追跡しておりました。これはエドワード・スノーデンによって暴露されましたが、最初はずっと否定しておりました。だからオバマはスノーデンに恩赦を与えなかったのです。

他にもオバマの偽善的な面について話します。 1の言論弾圧は過去最悪と言われております。

略歴など詳細はこちら

【第185回】平成30年5月17日(木)
「認知症を知り、予防をしよう」
森 惟明さん@65期
高知大学名誉教授
≪講演内容≫
認知症は、潜伏期間が長く高齢期に発症する慢性病で、今世紀最大の難治性疾患です。講演では、次の事項につきお話しさせて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・認知症とは

・認知症はどのようにして起こるのか

・認知症をどのようにして診断するのか

・MCI(Mild Cognitive Impairment;軽度認知機能障害)とは

・認知症の予防法をどのようにして見つけるのか

・認知症をどのようにして予防するのか

・認知症を発症したら、どのように治療するのか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

講演に先立ち、貴方の認知症に対する認知度を〇Xクイズでチェックして下さい。回答は講演の最後にお示し致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ウォーキングは認知症の予防になる。 〇 ・ X

◆認知症は遺伝する。 〇 ・ X

◆糖尿病だと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆虫歯だと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆料理は認知症の予防になる。 〇 ・ X

◆血圧が高いと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆魚と果物をよく食べると認知症になりにくい。 〇 ・ X

◆鬱の人は認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆頭をよく打つと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆人とよく付き合いをしている人は認知症になりにくい。 〇 ・ X

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

略歴など詳細はこちら

以後の講演予定

回数 日付 演題 講師 詳細
第186回 6/21
(木)
「ビットコインについて」(仮) 岡田仁志さん@96期
国立情報学研究所 准教授
第187回 7/19
(木)
「未定」 中村史郎さん@81期
カーデザイナー、日産自動車㈱元専務執行役員 チーフ・クリエイティブ・オフィサー
第188回 8/16
(木)
「未定」 竹田 誠さん@98期
国立感染症研究所 ウィルス第三部 部長
第189回 9/20
(木)
「未定」 辰巳泰子さん@96期
歌人
第190回 10/18
(木)
「臓器移植の現状と今後の課題」 江川裕人さん@87期
東京女子医科大学 消化器病センター 外科 教授
 こちら
第191回 11/15
(木)
「未定」 掛谷嘉則さん@81期
株式会社不動産システム研究所 代表取締役
白馬ハイランドホテルを経営
時間: いずれの日も11:30~14:00(開場11:00)を予定
場所:
※銀座ライオン6階「ライオン銀座クラシックホール」は改装が行われるため、2018年1月より1年間、下記に日程・会場が変更になります。

日程:毎月第三木曜日
場所:「THE BAGUS PLACE
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館 B1F
03-5524-3991

参加費: 2,500円
東京六稜会「東京六稜倶楽部」事務局:
 牧 武志@73期 、 山上 芳昭@79期
東京六稜会Facebookグループ:
https://www.facebook.com/groups/tokyorikuryo/

東京六稜倶楽部 講演録

演題演者
【第181回】1月「阿呆のすすめ」 ひろさちやさん@67期
【第180回】12月「食の科学、あれこれ」 小城勝相さん@78期
【第179回】11月「人工知能と人間」 北橋忠宏さん@69期
【第178回】10月「目からウロコ!ピアニカってこんなに凄い!」 松田 昌さん@77期
【第177回】9月「<空っぽ>の想像力」 竹山 聖(Kiyoshi Sey TAKEYAMA) さん@85期
【第176回】8月「北野高校の現在と近未来像」 恩知忠司さん@大阪府立北野高等学校長
【第175回】7月「カジノを含むIR(統合型リゾート)施設は日本でどう実現する?」 中山行輝さん@80期
【第174回】6月「六十の手習いで経済学博士に -私の生涯学習-」 佐藤達男さん@75期
【第173回】5月「公共交通のわかりやすい案内」 中村豊四郎さん@81期
【第172回】4月「日本初の公立楽器博物館の20年~生きている博物館への挑戦~」 嶋和彦さん@86期
【第171回】3月「人生一度きりだからこそ ~ミャンマーの無医村でクリニックと菜園を運営して~」 名知仁子さん@外部講師
【第170回】2月「北野高校倫理の時間に学んだ私の原点」 有働由美子さん@99期
【第169回】1月「50歳目前でスタートした自宅料理教室を日本一のサロンに成長させるまで」 若林三弥子さん@88期
【第168回】12月「リアルタイムメディアはなにができるか」 八木啓代さん@92期
【第167回】11月「世界と日本、そして人  -研究者の立場から-」 江見俊彦さん@65期
【第166回】10月「フリーアナウンサーの 生き方 話し方 仕事の仕方」~7年間のNHK「ニュースウォッチ9」時代を振り返って~ 阪田陽子さん@97期
【第165回】9月「ドライブレコーダーの人間工学的活用による交通事故防止」 堀野定雄さん@71期 (神奈川大学工学研究所)
【第164回】8月「風土工学誕生物語 ~風土文化の地域づくり~」 風土五訓 一、五感で感受し、六感で磨き、   その深さを増す内に秘めたる、   地域の個性、地域の誇りそれが風土なり
【第163回】7月「パリの佐伯祐三を追って」 ・佐伯祐三は小学校・高校の絵画憧憬の先輩。私は、パリでかれが描いた場所(判明済の30ヵ所)を描いて、佐伯祐三の絵の魅力と人間像を追った。 ・作品と場所10箇所をスライドで訪ねることによって、佐伯祐三の作品の魅力と佐伯の歩いた90年前のパリと現代のパリを実感していただく。
【第162回】6月「トルコ共和国の大型橋梁建設に携わって40余年」 2015年12月、日本トルコ友好125周年を記念して、両国合作映画『海難1890』が公開される。このトルコに40余年間橋梁の建設に携わってきた。今般イスタンブール近郊のイズミット湾に建設した世界第4位の大型吊橋を中心に講演する