Vanaf vaart water 運河の上から

小松雄爾 Yuji Komatsu

六稜97期卒業生。

Energy research Centre of the Netherlands (ECN) 元・研究員。
2005年6月からオランダ・アルクマール市に居住。
2015年5月から、家族をオランダに残し日本に「逆」単身赴任中。
年2回(年末年始とゴールデンウィーク)、「帰省」して家族と過ごす。

 

●INDEX

Vanaf vaart water 運河の上から (2012年- )

第13回 市議会議員選挙に投票した思い出(その2)(2022年7月24日)

第12回 市議会議員選挙に投票した思い出(その1)(2022年7月3日)

第11回 改札口整備が進むオランダ (2018年1月9日)

第10回 プロテスタント的食習慣 (2017年5月4日)

第9回 日本に「逆」単身赴任中 (2017年1月3日)

第8回 沈没した車からの脱出講習会(2013年8月6日)

第7回 【告知】六稜トークリレーで講演します (2013年7月3日)

第6回 スポーツ大好きオランダ人(?)(その2) (2013年5月12日)

第5回 スポーツ大好きオランダ人(その1) (2012年6月9日)

第4回 運河のオランダ語は?(その3) (2012年5月17日)

第3回 運河のオランダ語は?(その2) (2012年4月15日)

第2回 運河のオランダ語は?(その1) (2012年3月25日)

第1回 連載再開のごあいさつ (2012年3月14日)

 

太陽電池と「低い国」と~民間企業研究者の海外転職記 (2006-2009年) (旧レイアウトで読む)

第33話 水泳、スケート、その次は…?

第32話 12年ぶりの天然氷スケート【後編】

第31話 12年ぶりの天然氷スケート【前編】

第30話 探訪「大西洋の壁」と「松代大本営」(その3)

第29話 探訪「大西洋の壁」と「松代大本営」(その2)

第28話 探訪「大西洋の壁」と「松代大本営」(その1)

第27話 オランダから見たドイツ《4》研究所とヒエラルキー(その5)

第26話 オランダから見たドイツ《4》研究所とヒエラルキー(その4)

第25話 オランダから見たドイツ《4》研究所とヒエラルキー(その3)

第24話 オランダから見たドイツ《4》研究所とヒエラルキー(その2)

第23話 オランダから見たドイツ《4》研究所とヒエラルキー(その1)

第22話 オランダから見たドイツ《3》研究所と言語

第21話 改札口のない鉄道駅

第20話 国民皆泳~オランダの場合【後編】

第19話 国民皆泳~オランダの場合【前編】

第18話 オランダから見たドイツ《2》エネルギー政策【後編】

第17話 オランダから見たドイツ《2》エネルギー政策【前編】

第16話 オランダで家を買う《8・終》仮住まいの終り

第15話 オランダで家を買う《7》コンニチハ、ハジメマシテ

第14話 オランダで家を買う《6》公証人登場

第13話 オランダで家を買う《5》vs.売主側不動産屋

第12話 オランダで家を買う《4》家探し、そして助っ人

第11話 オランダで家を買う《3》線路通り145番地

第10話 オランダから見たドイツ《1》

第9話 オランダで家を買う《2》賃貸住宅への途(みち)

第8話 オランダで家を買う《1》始まりは社宅から

第7話 ペッテンとアルクマール《3》

第6話 ペッテンとアルクマール《2》

第5話 ペッテンとアルクマール《1》

第4話 太陽電池を追いかけて《3》

第3話 太陽電池を追いかけて《2》

第2話 太陽電池を追いかけて《1》

第1話 蘭学の祖国から

Yuji Komatsu | バナーを作成

市議会議員選挙に投票した思い出(その2)【第13回】

前回から続く)

 

オランダでは、州知事も市長も、選挙では選びません。市長はイベントであいさつしたり地元新聞や地元ケーブルTVなどにたびたび出てくるので市民にそれなりに認識されていますが、州知事は一般ニュースには登場しないので存在感はとても薄いです。いずれも中央政府が任命するポジションで、地元の州議会や市議会の推薦に基づくことになっています。住民の選挙で選ばれた存在ではないので、政治家ではなく行政官として、議会の議長を務めるかたわら、議会で決まったことを執行していくことが期待されています。

アルクマールの市役所

 

初めて「市長選挙はない」と聞いたときは、とても意外な思いでした。上述のように市長は地元メディアによく出てくるので存在感がありますし、アムステルダムやロッテルダムなど大都市の市長は、ときどき全国メディアでも取り上げられたりもします。オランダの主要な諸都市の歴史は13世紀頃から記録されていますが、中には強力なリーダーシップを発揮した市長もいたと、歴史博物館などで紹介されていたりもします。19~20世紀になって議員の普通選挙が実施されるようになって以来、「市長も州知事も住民による選挙で選ぶべきだ」という言説はたびたび沸き起こるようですが、今のところ任命制から公選制に移行しそうな気配はありません。

 

余談になりますが、市長選挙がない話は、当時マンツーマンで指導を受けていたアイルランド人の英語教師に教えてもらいました。彼は、定期的に実施される市長たちへの教育研修に、英語の講師として招かれていたそうで、多くの市長と親しくなることができたそうです。中央政府は市長たちを選任し任命した形になるので、一定水準の業務遂行能力と法令遵守精神を学ばせるため、全国で300数十人いる市長のうちの数十人を順次集合させて宿泊を伴う研修を受けさせ、さらに市長間の親睦や情報交換を図る機会を提供しているのだそうです。

 

次回に続きます。

 

2022年7月24日
川崎市にて
小松雄爾

 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...45 46 47 Next