【223回】7月「三浦按針の謎と影響」

7月17日開催予定

 

藤田浩一さん@77期(物流コンサルタント)

—-所属—-
按針インターネット(共同代表)
物流研究評議会
伊東按針会
伊東海外交流協会
日本海洋塾

—-学歴—-
大阪府立北野高校77期
東京商船大学(現東京海洋大学)

—-職歴—-
1971~1974 大阪商船三井船舶
1974~2005 ユーロブリッジリミテッド(スカンダッチ、ドッドウェル、インチケープ)
2005~2017 オムロン (物流アドバイザー)

—-活動—-
2018. 5 物流研究評議会に参画
2018. 6 東京海洋大学「三浦按針パネル展・講演会」
2018. 8 静岡県伊東市「三浦按針パネル展・講演会」
2019. 6 東京海洋大学「帆船の思い出」(パネル展示とパネルディスカッション)
2019.12 按針インターネット立ち上げ / 神戸市への提言「港湾事業の活性化」
2020 ~ 按針インターネット講演会開始 / 東京海洋大学明治丸記念館展示に関し提案
2021.4 「按針航海」静岡県沼津市~長崎県平戸市
2021. 5 講演「三浦按針-航海・造船の謎」湘南サロン

—-目的—-
ウィリアム・アダムス=三浦按針の研究と発表および按針の航跡顕彰と広報
若い世代へ。海の仕事の啓蒙、海事思想の普及

 

 

≪講演内容≫

商船大卒業後、航海士として外国航路に乗船。その後、船舶代理店に転職して、物流業務に携わった。そして、59歳からメーカーの物流コンサルタントとして71歳まで勤務する。退職前から訪れていた静岡県伊東市では、毎年8月に「伊東按針祭」が開催されている。その「海の花火」は伊東市最大の観光イベントだが、按針の名は知られておらず、伊東市民でさえ、大花火大会としか思っていないのが現実である。

按針は、日本初の西洋式帆船を建造した。その建造地が伊東市であるが、どこで、どのように造られたかは明確ではない。海事関係者から見で多くの疑問がある。按針に関する著書は多くあるが、海事関係者の視点からの研究がなされてないことに気づき、きちんと検証してみようとの思いに至った。建造の謎解きにのめり込むとともに、按針が生きた激動の大航海時代は、知れば知るほど面白い、彼は、チャレンジ精神にあふれ、勇敢で、知識と能力に長け、統率力や人望もあり、稀有な生涯が小説や映画になるのも納得できる。三浦按針は、航海士としての優秀さだけでなく、徳川家康に軍事顧問として重用される人間性も魅力的である。按針が漂着したのは、関ケ原の戦い直前で、東軍勝利に影響したであろうことは、あまり知られていないが、興味深い。

按針を知るにつけ、もっと評価されるべきと感じ、母校の学園祭での出展や、伊東市での「パネル展・講演会」の開催など様々な広報活動も始めた。

そんな折りに、按針研究者と知己を得て、按針研究の研究発表、意見交換、広報活動を行うグループ「按針インターネット」を立ち上げた。年に4回のペースで講演会を開催していたが、コロナ禍のため、今はリモート講演会となっている。

按針を、より深く知るために、生誕地・ロンドン郊外のジリンガム、船大工修行をしたライムハウス、リーフデ号が出航したロッテルダムを訪れ、足跡に触れた。意外なことに按針は、母国イギリスや、船籍があったオランダでも注目度は低く、ほとんど評価されていないのは残念である。

昨年は、按針没後400年記念事業が、ことごとく中止になった。自粛で疲弊する世の中が明るくなるようにとの願いをこめて、3月~4月に帆船AMIによる「按針航海」を企画し、「按針ネットワーク」から、按針の墓地のある平戸市の按針をあいする市民グループへの親書を託した。

按針を深く知るにつれ、海事関係だけでなく、現代社会や、若者の生き方にも有効なヒントがあるように思える。按針を通じて、海や船に関する仕事に関心を持ち、生き方や、物事への取り組み方を振り返るきっかけにしていただければ、幸いである。