【221回】5月「主婦ほどクリエイティブな仕事はない!」

5月15日開催予定

 

山口あゆ美さん@98期(着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴル主宰)

1968年岐阜市生まれ。大阪女子大(現大阪府立大)国文学科卒業後、ミノルタカメラに入社、24歳で結婚。1998年枚方市の自宅にて料理・テーブルコーディネート・フラワーアレンジメントをトータルに学べる「サロン・ド・ヴィーヴル」をスタートし、20年続ける。2年間の休養を経て、2021年3月「着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴル」としてリスタート。ほぼ毎日着物生活6年目。長女は130期卒。

着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴルHP  https://www.salondevivre.com/

 

≪講演内容≫

専業主婦として家事と3人の子育てに全力投球の日々のかたわら、20年前にママ友生徒1人から始めたフラワーアレンジメントの自宅教室。次第に、テーブルコーディネート、お料理、ホームパーティー、メイク、着物の着付け、歴史散歩・・と自分の好きなこと、得意なことをベースにコンテンツを増やし、企画・運営・集客・準備・片付けまですべて一人でこなしつつ、のべ4500人もの人々をお迎えする自宅教室となった。「サロン・ド・ヴィーヴル~暮らしのサロン~」と名付けた教室のコンセプトは「主婦はおうちの太陽。主婦の毎日のルーティンワークを合理的に、楽しみながらすることで、自分も家族も幸せになる。」というもの。

2019年、50歳の節目を機に、20年続けた自宅教室を休止。子育ての終了やコロナもあり、改めて自分のこれまでとこれからを見つめ直す時間となった。

2021年3月、2年間の休止を経て、人生100年時代の後半に向け、今後は「着物」を通じて日常を楽しむことを提案すべく「着物着付け教室サロン・ド・ヴィーヴル」としてリスタート。

常に主婦業を軸足に、これからの人生の第二章も楽しく生き生きと過ごしていきたい、一主婦の奮闘記。