Pages: 1 2 3 Next

サンドマジック!


▲会場入口

皆様こんにちは。お久しぶりです。
2ヶ月ぶりの更新となりました。4月に大量に降った灰も片付けられ、少し落ち着きました。私は特に県外や海外へと遠出する予定もなく、細々と休みをすご しています。
そんな中、『’09吹上浜 砂の祭典』へ行ってきましたのでご紹介します。

吹上浜(ふきあげはま)とは、南さつま市に位置する日本三大砂丘のひとつ(あとの2つは鳥取砂丘と遠州灘砂丘)です。県立吹上浜自然公園に隣接する一帯 で開催されるこの『砂の祭典』は南さつまの一大イベントで、簡単に言うと、さっぽろの雪祭りの砂バージョンという感じです。
23回目を迎える今年は、5月2日~6日の5日間の開催となっています。毎年ゴールデンウィーク期間に開催され、昨年は期間中15万人の来場者を記録し たそうです。
今年の砂像テーマは~星空ゆめ物語 ガリレオ・ガリレイと世界天文年によせて~。会場の入口で私たちを迎えてくれたのは、銀河鉄道999の砂像。登場人 物の細かい表情にはおどろきでした。また、春夏秋冬それぞれの星座、アポロ11号の月面着陸など、計20の砂像があり、来場者はお気に入りの砂像の前で記 念撮影を楽しんでいました。


▲鉄郎、メーテル、車掌がお出迎え

▲銀河鉄道の先端。後方には3人がいます

▲秋の星座(ジョウ・ヘン・タン/招待作家)

▲サン・ピエトロ大聖堂(南さつま市役所)

さて、これらの砂像は、誰が作っているのでしょうか?
もちろん、日本の砂像作家や海外からの招待作家の高度な作品もありますが、実は、南さつま市役所や商工会議所など、一般の人の手で作られた砂像も多いの です。制作期間は約2週間に及ぶそうですが、その期間、プロの指導のもとみんな一丸となって製作に励むそうです。

「雨が降ったら崩れるんじゃないの?」そんな声が聞こえてきそうですね。
私も気になったので、皆さんを代表してスタッフの方に尋ねてみました。 砂像製作は土に水を混ぜたものを固めて彫り出していくのですが、作品が仕上がったあと、牛乳成分のカルシウムを吹き付けるんだそうです。表面が硬いバリア で保護されるような形ですね。なので、少々のことでは崩れないというわけ。もちろん、卵の殻のようになっているので、強い衝撃を与えると表面が割れて砂が 崩れてしまいます。芸術作品にはつきものですが、「お手を触れないで下さい」といった案内板もありました。
1つの砂像を作るのに、たくさんの人の手や手間がかかってるのだと思うと、感慨深いものがあります。


▲泥んこの子どもたち

砂像製作コーナーでは、子どもたちが泥んこになって思い思いの砂像製作に励んでいました。最近では、公園の砂場で泥遊びをする子どもたちの姿を見かける ことが少なくなりましたが、自然の物を使って創意工夫して遊ぶ姿は、とても活き活きとしていました。きちんとした砂像になっているものは少なく、こぶりの 砂山だらけでしたが、見守る親たちも表情も楽しげでした。

会場に隣接するドーム内には、フライドポテトやから揚げ、串焼きなどのおつまみや、タコライス・ラーメンといった本格的なものまでずらっと屋台が並び、 県内各地の物産品なども売られていました。また、歌や踊りのステージなどもあり、お祭りムードが漂っていました。


▲砂像見学のあとはドーム内でゆっくり休憩

▲ご当地ラーメンもお目見え

皆様、今回のアツアツ日記はいかがでしたでしょうか。
今回はじめて砂の祭典を訪れましたが、駐車場は第1から第4まで用意されていて、それでも会場までの道は約5キロの渋滞という現実に直面し、県民の関心 の高さ(県外からの車もありました)を感じました。 夜はライトアップされるとのことなので、また来年チャレンジしたいと思います。

どうぞ次回もお楽しみに!

鹿児島アツアツ日記 第8話

指宿名物 砂むし温泉

皆様こんにちは。
ごぶさたしておりました間に、鹿児島には春の気配が漂っております。
早いもので、鹿児島に来てもうすぐ1年。まだまだ未踏の地が多い中、ついに知覧と指宿へ行って参りましたので、ご紹介します。

まずは知覧から。
南九州市知覧町、ここは薩摩の小京都と言われるところで、国の重要伝統的建造物郡保護地区に選定されています。江戸時代に作られた武家屋敷群が今も残 り、約700メートルの風情ある道を歩きながら、名勝に指定されている7つの庭園をじっくり鑑賞することができます。
暖かい時期であれば、庭園の草木に緑が生い茂り鮮やかな花が彩りを添えるのでしょうが、今は冬。くすんだ色合いのせいで、美しく手入れされた庭が少し寂 しくもありました。
地区内は石垣で屋敷が区切られていて、7庭園以外にもいくつかある茶屋や食事処の入り口にシーサーが置かれているところも多かったです。知覧の港が琉球 貿易の拠点だったことから影響を受けているようで、琉球庭園と相通じるものがあると言われています。確かに、沖縄の伝統的な風景と重なる部分もありまし た。


▲武家屋敷庭園

▲7庭園の1つ

▲あちこちに梅が咲いていました

▲自動販売機も趣きがあります

さてお次は指宿でございます。
指宿と言えば? 砂むし温泉ですよね。実はここ、世界で唯一の天然砂むし温泉が楽しめる場所なのです。
今回おとずれた砂むし会館「砂楽(さらく)」には全天候型の砂むしが設置されており、私が体験したのもそれです。波打ち際での砂むし温泉が楽しめるのは 大潮の干潮時のみなので、運が良ければ波音を聞きながら……なんて贅沢も味わえますね。


▲全天候型の砂むし

▲波打ち際での砂むし

脱衣所で浴衣に着替えてタオルを1枚もって海岸に降りると、そこは砂に埋められた人たちがいっぱい。
「ここ、どうぞ~」と係の人に案内され、タオルを頭から首にかけて砂の上に寝そべると、ザックザックと砂をかけられて、あっという間に身動きが とれない状態に。砂ってこんなに重かったのか、という感じです。


▲じんわりぽかぽか

▲キョ○シーみたい
腹筋が弱い編集長は、起き上がるのに時間がかかりました

▲脱出成功!
体中に砂が付いてちょっと気持ち悪い……

まもなく背中からほの温かい熱が伝わってきて、気持ちいい。岩盤浴に似ています。5分くらい経ったところから額にじんわりと汗がにじんできて、目安の 10分がとても長く感じられました。一応時計はありますが、「時間ですよ」なんて教えてくれないので、頼れるのは自分の感覚だけ。そろそろかなと思ったら エイヤっと起き上がります。これが思ったより大変。いきなり体を起こすことは不可能なので、足先、手、と順番に砂を落としていきます。写真をご覧いただく と、かなり力が入ってることが伝わりますよね?
砂に埋まっていたわけですから、当然のごとく浴衣は砂だらけ、全身は汗だらけ。浴衣の中にも容赦なく砂が進入してきて気持ちワルイ。砂むし風呂と内湯を 行き来する専用の通路を使い、砂だらけの浴衣を脱いでから温泉で砂も汗を流しました。ちなみにココの温泉はしょっぱいです。


▲開聞岳

皆様いかがでしたでしょうか。
鹿児島市内から知覧までは約40時間、指宿までは約1時間半。指宿目当てに鹿児島に旅行される方もいるかと思いますが、南さつまは見所いっぱいです。今 回は紹介しきれませんでしたが、かつおの水揚高日本一の枕崎や薩摩酒造の酒蔵なども、楽しめるでしょう。
個人的には、ぜひ一度は砂に埋められる体験をしていただきたいな~なんて思っています。最後に、薩摩富士と称される南さつまのシンボル、開門岳(かいも んだけ)をご覧いただきながらお別れしたいと思います。

どうぞ次回もお楽しみに!

鹿児島アツアツ日記 第7話

歓喜の歌が聴こえる


▲総座席数1507席の宝山ホール

皆様こんにちは。
あっという間に12月、今年も残すところあと1週間です。街はクリスマスイルミネーションに彩られ、節約モードもこの時ばかりはちょっとお休み、サイフの 紐も緩む? というところでしょうか。

鹿児島のあちらこちらでもクリスマスの装飾が施されています。が、それは後ほど……まずは『かごしま県民第九演奏会』について紹介させてくだい。
去る12月21日に、鹿児島市内の宝山ホールにて『第24回 かごしま県民第九演奏会』が行われました。一般公募で構成された約350名の合唱団員が、 この日のために10月から練習を重ねました。
この演奏会を知ったのは、団員募集の締切りギリギリ! いったいどんな舞台なのだろう? と不安を抱えつつ、コーラス部の経験を活かして初参加させてい ただきました。
5年前に大阪で『サントリー1万人の第九』を経験していたので、不安だったドイツ語の歌詞もアルトパートも、2~3度うたえば思い出すことができまし た。

参加者は高校生から70代の方まで幅広く、練習時の指揮指導者、田丸寛先生は笑いをおりまぜながら柔らかい雰囲気で練習を進めて下さいました。
しかし、当日の指揮者、北原幸男先生の指導は田丸先生とはまた違っていました。言葉をしっかり伝えること、声の表情を大切にすること。要求されることは レベルが高いのですが私たちをプロとして見てくれて、決して妥協しない姿勢を嬉しくも思いました。それまで少しフワフワしていた合唱団の歌声が、北原先生 の指導によりピリッと引き締まり、本番に向けて最後の追い込みとなりました。
当日は午後から雨という予報がみごとにはずれ、終日、快晴に恵まれました。たくさんのお客様に、合唱団全員で思いを込めて『歓喜の歌』を伝えることがで きたと思います。一緒にステージに立った皆様、指導の先生方、スタッフの方々、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

歌っていいなぁと改めて感じました。第九はクセになりますね。きっとまた来年も歌いたくなるんでしょう(笑)。
ちなみに当日のこの模様は、12月31日午後2時からMBC放送にて練習風景などとあわせて放送される予定です。

さて、話が前後しましたが、最後にクリスマスイルミネーションをご紹介します。
まずは、鹿児島中央駅の駅ビルのツリーです。鹿児島出身の歌手AIとのコラボレーションツリーということで、大きなツリーがお目見え。21日にはこの場 所で、AIのトークショーもありました。


▲本番の様子をお聴きください(2分22秒)

▲ブルーのツリーにピンクのリボンが掛けられています

▲歌手AIとのコラボレーションツリー

▲駅ビル、アミュプラザ鹿児島

最後の3枚は、ドルフィンポートという商業施設のイルミネーションです。少し分かりづらいのですが、左の写真の奥にはドルフィンのモチーフも青く光って います。 ドルフィンポートにはレストランや雑貨、焼酎のお店、物産館などが軒を連ねていて、篤姫館もここの1階にあります。晴れた日はここから桜島が綺麗に見える ので、私のお気に入りスポットの1つです。

皆様、今年最後のアツアツ日記いかがでしたでしょうか? 第九を聴いて少しでも年末の雰囲気を味わっていただけたなら幸いです。
今年もご愛読いただきありがとうございました。
2009年、皆様のご多幸をお祈りしています。どうぞ良いお年を。

鹿児島アツアツ日記 第6話

秋の霧島


▲まだ新しい案内板

皆様こんにちは。
北のほうでは降雪も始まっているようですが、鹿児島はようやく紅葉の季節を迎えました。

今回は、秋の霧島をご紹介します。
霧島といえば小松帯刀や龍馬とも縁のある場所。いわゆる温泉療法というか、湯治のために霧島を訪れていた話は皆様の知るところだと思います。

まずは、坂本龍馬とおりょうの新婚旅行の地として有名な塩浸温泉をご紹介。ここは行ってみてびっくり。観光ガイドブックで見て思い描いていた大きさとは かけ離れていました。川べりにある1メートル四方くらいのスペースで、カメラのズームを効かせてやっと、写真に収めることができるほど。160年ほど前は ここで入浴ができたなんて、ちょっと不思議な感じがします。


▲仲睦まじい2人

現在はこのスペースでは入浴できませんが、温泉施設「福祉の里」で入浴可能です。市内の温泉の相場は360円ですが、ここの入泉料は250円という破格 値!
記念のタオルも販売されていますので、チャンレンジされてはいかがでしょうか。


▲川べりにあり、入浴できない

▲趣のある案内板

霧島にはいくつもの温泉郷があります。霧島温泉郷、霧島神宮温泉郷、新川渓谷温泉郷、日当山(ひなたやま)温泉郷。日当山温泉郷は県内でもっとも古い温 泉といわれており、西郷隆盛もよく訪れたそうです。
今回は、鹿児島市を離れて紅葉の霧島をご紹介しました。霧島の温泉は表情もさまざまな。ラムネ温泉に硫黄温泉、泥温泉でも泥パックも女性にはオススメで す。お泊りでじっくり味わうも良し、日帰り入浴で楽しむも良し、ぜひ一度お立ち寄り下さい。


▲記念に1枚いかが?

▲霧島神宮

▲地表のいたるところから湯気が放出される

▲樹齢800年のスギ(霧島神宮)

▲敷地内の木々は、色づき始めたところ

鹿児島アツアツ日記 第5話

薩摩の偉人たち~加治屋町編~

    大河ドラマ『篤姫』も残すところあとわずか。
    高校時代に世界史専攻だった私は日本史に弱いのですが、鹿児島に来てからというもの、日本の歴史の中でも特に明治維新に関して、否が応でも興味を持つこ とになりました。
    今回は~加治屋町編~と題して、薩摩の偉人が生きた土地を紹介します。また数回に分けて、篤姫や小松帯刀ゆかりの地なども紹介したいと思います。

    私の住む加治屋町(かじやちょう)は、日本史を語る上では欠かせない偉人を多く輩出したエリアです。
    少し歩けば、西郷隆盛・従道や大久保利通の誕生地があり、「ほんの150年ほど前に、自分の手で日本を変えようと、日本の未来を本気で案じた人たちがこ こに生きていた」と思うと、大阪生まれの私ですら胸にこみあげてくるものがあります。


    ▲加治屋町の案内板

    ▲西郷隆盛・従道 誕生地の碑

    ▲案内板

    ▲西郷隆盛誕生地は市民の憩いの場

    2人の生誕地のちょうど間くらいの甲突川沿いに、『維新ふるさと館』があります。地上1階と地下1階からなり、資料や映像などで明治維新を体感できる資 料館です。
    ご記憶におありの方も多いでしょうが、『翔ぶが如く』は、西田敏行演じる西郷隆盛と、鹿賀丈史演じる大久保利通を描いた大河ドラマで、その撮影秘話など も展示されています。篤姫についても少しだけ展示があります。『篤姫館』は2009年3月31日で閉館予定ですがその後は、ふるさと館の展示内容に多少変 更があるかもしれませんね。 初めて歴史に触れ、あまりに感動した私は年間パスポートを購入してしまいました。

    先日、いつものように甲突川左岸の遊歩道を歩いていたら、あたり一帯が柵に囲まれて立ち入れないようになっていました。何事? と思ったら、2009年 春の完成を目指し、歴史ロード”維新ふるさとの道”(仮称)の整備事業が着工していたのです。
    鹿児島市のホームページには完成図のパースが掲載されており、のどかで少し殺風景ともいえる遊歩道が『維新ふるさと館』の流れを汲んだ賑やかな雰囲気に 生まれ変わる様子が窺え、今から楽しみです。


    ▲奥にあるのが『維新ふるさと館』

    ▲案内板

    ▲大久保利通 誕生地の碑

    西郷隆盛は、その最期を城山で遂げました。
    城山は、市街地の中心部に位置する標高107メートルの小高い山で、西南戦争の最後の激戦地として知られています。城山展望台からは錦江湾に浮かぶ桜島 と鹿児島市内を一望でき、西郷隆盛もこの景色を眺めたのだろうかと思いを馳せると涙が……。ちなみに、城山に建つ城山観光ホテルは結婚式場のメッカとも言 われています。

    今回は加治屋町編ということで、西郷隆盛の眠る南州墓地や顕彰館などについては別の機会にご紹介したいと思います。
    どうぞ次回もお楽しみに!


    ▲大久保利通の銅像(中央町)

    ▲西郷隆盛の銅像(城山町)
    昭和12年に完成。実際はすごく大きい。土台の製作も大変だったそう(『維新ふるさと館』資料より)

    ▲城山観光ホテルからの眺め
    平地から見ると桜島は「山」のようだが、高台から見ると錦江湾に浮かぶ「島」に見える
Pages: 1 2 3 Next