【第197回】5月「大学の過去・現在・未来」

5月15日開催予定

 

木谷雅人さん@84期(国立大学協会常務理事・事務局長)

1972年に北野高校を卒業、1976年に京都大学法学部を卒業後、文部省(現文部科学省)に入省した。

当初は教科書行政など初等中等教育関係を中心に経験し、1984年から2年間は岐阜県教育委員会に出向した。

1988年から3年間は在ジュネーブ日本政府代表部の一等書記官として出向し、帰国後の1991年から4年間は文化庁著作権課国際著作権室長を務め、この間、GATT(現在のWTO)の知的財産権交渉やWIPO(世界知的所有権機関)の諸会合において、コンピュータソフトウェア、レコード、映画などの著作権問題を担当した。

1995年からは、留学生課長、医学教育課長、高等教育企画課長、文化庁文化財部長、高等教育局審議官と、主に高等教育行政に携わり、大学改革や国立大学法人化の準備などを担当した。

2003年からは、研究開発局審議官として、宇宙開発、原子力研究などを担当したが、特に国際核融合実験炉(ITER)誘致の国際交渉に携わった。

2005年から3年間は京都大学理事・副学長(総務担当)を、2008年から5年間は国立高等専門学校機構理事を務め、2013年7月に国立大学協会常務理事・事務局長に就任して現在に至っている。

昨今、高等教育とりわけ国立大学に対しては、将来の我が国の在り方と関わって大きな期待とその裏返しとしての様々な不満が寄せられているが、国立大学協会においては現在の改革の取組の広報や将来の在り方に関する各種の提言を行い、各方面の理解と支援を得るべく努力している。

 

≪講演内容≫

十分に考えることなく、大仰で固いタイトルを付けてしまいましたが、実際の話の内容は、私のこれまでの経験を中心に肩ひじ張らないものにしたいと思っています。

前半は、文部省(文部科学省)を中心とした約40年にわたる様々な仕事の経験の中で、特に印象に残ったことや考えてきたことをお話しします。後半は、現在の大学を取り巻く状況と今後への展望(希望?)についてお話しします。

平成に入って以来、大学改革の流れは絶え間なく続いており、実際に大学は大きく変化していますが、社会や産業界からは相変わらずさらなる改革の必要性が声高に叫ばれています。ただ、政府を含めて、それらの議論は、必ずしも信頼性の高い客観的なエビデンスに基づかない印象論で進められているきらいがあります。国立大学協会において、日頃から多くの大学関係者と議論している中で、これからの社会におけるの役割や改革の方向性、政府の大学政策形成の在り方などについて、考えていることを話したいと思います。

その他、皆様のご関心に応えられるよう、文部科学行政について個人的に感じていることを率直にお話ししたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。