【第181回】1月「阿呆のすすめ」

1月18日開催予定

 

ひろさちやさん@67期(宗教評論家)

本名 増原良彦。
1960年東京大学文学部インド哲学科卒業。
1965年同大学大学博士課程修了、気象大学校講師に就任。
同校教授を経て1985年気象大学校退職。大正大学客員教授に就任。教員生活の傍ら、「ひろさちや」のペンネームで平易な言葉で多数の入門書を執筆し、一般の人々に仏教を身近な物として再認識させた。ペンネームの由来は、ギリシャ語で愛するを意味するPhilo(フィロ)と、サンスクリット語で真理を意味するsatya(サティヤ)の造語である。本来の仏教を伝えるべく執筆と講演活動を行なっている。『ひろさちやの般若心経88講』『仏教とキリスト教』『仏教と儒教』『キリスト教とイスラム教』『宗教練習問題』『愛の研究』『「狂い」のすすめ』『無責任のすすめ』『「無関心」のすすめ』など著書多数。

 

≪講演内容≫
問題を解決しようとして、それに失敗する人が馬鹿です。しかし、阿呆はあえて問題を解決しようとはしません。問題をかかえたまま、楽しく生きようとします。そういう阿呆になろうではありませんか。

■CIMG1128 DSC_1670 DSC_1668 CIMG1131 ■DSC_1664 ■DSC_1661 ■DSC_1655 ■CIMG1133