【第180回】12月「食の科学、あれこれ」

12月20日開催予定

 

小城勝相さん@78期(奈良女子大学名誉教授・放送大学客員教授)

1970年 京都大学工学部合成化学科卒業、そのまま大学院進学
1974年 指導者の九州大学薬学部教授昇任に伴い福岡へ移動
1975年 京都大学大学院工学研究科博士課程退学、薬学博士(九州大学)、4月日本学術振興会奨励研究員(九大薬学部)、11月京都大学医学部助手(公衆衛生学教室)、12月マサチューセッツ工科大学(MIT)化学科博士研究員として1年間米国出張
1988年 兵庫教育大学助教授(生活健康系)
1994年 奈良女子大学教授(生活環境学部食物栄養学科)
2009年「生体内酸化ストレス指標としてのビタミンCに関する研究」により平成21年度日本ビタミン学会学会賞受賞。
2011年 奈良女子大学定年退職、奈良女子大学名誉教授、放送大学教授
2016年 放送大学定年退職、現在は客員教授、「食と健康」、「食安全性学」、大学院「食健康科学」放映中【著書】
『生命にとって酸素とは何かー生命を支える中心物質の働きをさぐる』,講談社ブルーバックス (2002): 絶版ですが多くの図書館にあります。
体の中の異物「毒」の科学 ふつうの食べ物に含まれる危ない物質』,講談社ブルーバックス(2016): 発売中!

 

≪講演内容≫
食に関しては、特に考えず好きなものだけを食べる方も、バランスに気を付けながら食べる方も、自分で工夫して調理される方も、あるいは贅沢な美食家もおられると思います。
食習慣は健康に直結しますので、医学の中に栄養学という分野があります。現在では、生命科学の発達と共に、栄養学も分子レベルの研究が盛んに行われています。また、食の安全性についても大きな関心が寄せられています。
しかし、食や医学に関しては、日本では高校までに教育する科目がないため、無意味にゼロリスクを求めたり、根拠のない健康食品の宣伝があふれたりという状況になっています。限られた時間ですが、食の科学に関する数個の話題を取り上げたいと思います。
系統的に学びたい方は、略歴に書きました放送大学の放送(1科目は45分が15回)をご覧ください。放送大学のホームページ: http://www.ouj.ac.jp