【第175回】7月「カジノを含むIR(統合型リゾート)施設は日本でどう実現する?」

7月19日開催予定

 

中山行輝さん@80期

1972年3月 東京大学法学部(広報)卒業
1972年4月 日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行、 営業第三部、鹿児島事務所、営業第二部、高松支店、設備投資研究所、経理部を経て
1986年4月 (財)中東経済研究所(現エネルギー経済研究所中東研究センター) 主任研究員(出向)
1988年3月 高松支店 審査課長
1990年3月 設備投資研究所 主任研究員
1992年3月 企画部(現ストラクチャードファイナンス部) 副長 / 1993年3月 企画審議役
1994年4月 (財)大阪湾ベイエリア開発推進機構 総務部審議役 / 1995年4月部長(出向)
1996年4月 設備投資研究所 次長
1998年4月 (財)南西地域産業活性化センター(沖縄) 上席研究員(出向)
2000年6月 アジア太平洋トレードセンター㈱ 取締役(出向)
2004年7月 ㈲大分TLO 技術移転スペシャリスト(出向)
2005年5月 ㈱くろがね工作所 常勤顧問(出向)
2006年7月 日本政策投資銀行退職 / 同上 へ転籍 2016年7月 同顧問 現在に至る
 
《教職歴等》
1999年度後期 琉球大学法文学部非常勤講師(「地域経済論」)
2004年度   大分大学地域共同研究センター客員教授(兼務)
2003年度~  ギャンブリング(現IR)*ゲーミング学会監事(会長:谷岡一郎大阪商業大学学長)
 
《著作・投稿》
エコノミスト(90.9.4号)「フセイン独裁の権力構造」
岐阜県(99年記念号Vol.100)「特集 21世紀の岐阜を考える-団塊世代の課題-」(共著)
大阪商業大学アミューズメント産業研究所(03.3.31.刊)「カジノ導入をめぐる諸問題<1>」(共著) 他
 
《委員歴》
1998年度 環(わ)の時代懇談会委員(旧環境庁、座長:近藤次郎元中央環境審議会会長)
1999年度 沖縄国際情報特区構想の推進方策等に関する調査研究会委員(旧郵政省、座長:仲井真弘多沖縄電力社長(当時、前沖縄県知事)) 他

 

≪講演内容≫
昨年末の臨時国会で「カジノを含むIR施設整備推進法」(議員立法)がすったもんだの挙句成立しました。更に1年内を目途に(閣法で)実施法案が審議・可決される予定であり、先行してパチンコ等「既存ギャンブル」も対象に「依存症対策基本法案」が通常国会に提出されることとなりました。そして順調に行けば4~5年後にポスト東京五輪の目玉プロジェクトとして開業の運びとなります。そこでこれまでの議論の経緯を踏まえ、論点を整理しつつ今後の展望を明らかにしたいと存じます。