【第174回】6月「六十の手習いで経済学博士に -私の生涯学習-」

6月21日開催予定

 

佐藤達男さん@75期

1967年京都大学工学部航空工学科卒業。富士重工業(株)入社 航空機開発に従事
2008年:富士エアロスペーステクノロジー(株)常務取締役退任
1993年~1999年筑波大学基礎工学類非常勤講師
2003年~2014年帝京大学理工学部非常勤講師
2016年:立教大学大学院経済研究科博士課程修了、経済学博士
著書:
中島飛行機の技術と経営」(2016年4月発行)
NHKテレビ:昭和の選択「太平洋戦争 幻の航空機計画-軍用機メーカー中島飛行機の戦争-」
NHK BSプレミアム 出演 12月8日20:00~20:59、再放送12月15日8:00~8:59

 

≪講演内容≫
航空機技術者をリタイア後、違った分野に挑戦しようと歴史研究を思い立った。博士号取得までは考えていなかったが、成り行きで経済学博士となった。門外漢がどのようにして学位を取ったか、若干の苦労話を交えてまずお話しする。
次いで、歴史を学ぶ面白さについて。人類の歴史は興亡の歴史といえる。民族、王朝、国家、そして企業も例外ではない。明治維新以降ほぼ150年、その半ばで昭和の15年戦争という国家存亡の危機があった。戦時期日本の最重要産業であった航空機産業で急拡大し、敗戦で消滅した中島飛行機の興亡を例に、企業の風土と継続性を考える。