【第176回】8月「北野高校の現況」

8月16日開催予定

 

向畦地昭雄さん@大阪府立北野高等学校長

1960(昭和35)年、大阪府に生まれる。
大阪府立大手前高等学校卒業。
1983(昭和58)年、京都大学文学部史学科を卒業後、府立阿武野高校・守口北高校に教諭として勤務。
この間、1996(平成8)年に一年間の「民間企業等派遣研修」に参加。
1997(平成9)年から府立四條畷高校教諭。
2001(平成13)年から大阪府教育委員会事務局保健体育課、教職員企画課、高等学校課に勤務。
2012(平成24)年、府立伯太高等学校長を経て、
2015(平成27)年、本校校長として着任。
専門教科は社会(世界史)。

 

≪講演内容≫
北野高校の生徒たちは、以前からと同様、勉学に、部活に、学校行事にとよくがんばっています。学校行事は、球技大会、六稜祭、水泳大会、体育大会、文化芸術祭、そして断郊競走と、ご存知の行事が続きます。また、部活動も、山岳部が二年連続インターハイに出場するなど、良い成績を収めています。こうした北野高校生の様子についてお話しいたします。