【第172回】4月「日本初の公立楽器博物館の20年~生きている博物館への挑戦~」

4月19日開催予定

 

嶋和彦さん@86期

浜松市楽器博物館館長
1955年大阪府豊中市生まれ。北野高校86期生。京都大学教育学部卒業。
1970年よりリコーダーと民族音楽を大阪音楽大学教授西岡信雄氏に師事。公立中学校の英語科教員を務める傍ら、大阪リコーダーコンソートメンバーとして全日本リコーダーコンクール最優秀賞・朝日新聞社賞、大阪文化祭賞、音楽クリティッククラブ奨励賞等を受賞。ロンドン、アントワープ、ソウルなど海外でも公演。リコーダーオーケストラ豊中市少年合奏団指揮者。
90~93年インドネシア・ジャカルタ日本人学校勤教諭。ロンボク島、カリマンタン島の音楽文化調査に参加。
94年より浜松市楽器博物館設立準備にかかわり95年開館と同時に学芸員、2004年より同館長を務める。
2012年東南アジア民族音楽会議(台北)、2013年The Best in Heritage 国際会議(クロアチア)、2014年国際博物館会議楽器博物館専門委員会(ストックホルム他)、2016年国際博物館フォーラム(韓国)他に参加発表。国立音楽大学、静岡大学等非常勤講師。
98年よりNHKラジオ「あんな楽器こんな音色」コーナーを担当。
著書に「音楽中辞典」(音楽之友社・共著)、「図解雑学よくわかる楽器のしくみ」(ナツメ社・共著)ほか。
 
浜松市楽器博物館  http://www.gakkihaku.jp/

 

≪講演内容≫
日本初の公立楽器博物館として1995年に誕生した浜松市楽器博物館は、日本の既存の音楽大学附属楽器博物館とも、欧米の名だたる楽器博物館とも異なるコンセプトを持って、一般の人々に、楽器と音楽は人間にとって何なのか紹介すべく活動してきた。その活動は、文化庁芸術祭レコード部門大賞や小泉文夫音楽賞の受賞等によって、大きく評価されている。楽器という有形遺産と、そこから生み出される音楽という無形遺産の両者を展示するという特徴と、ユネスコや国際博物館会議が発表した今後の博物館のあるべき姿とをベースにしながら、浜松市楽器博物館のこれまでと今後の活動を概観したい。