東京六稜倶楽部のご案内

内容:

—–次回の講演—–
【第185回】平成30年5月17日(木)
「認知症を知り、予防をしよう」
森 惟明さん@65期
高知大学名誉教授
≪講演内容≫
認知症は、潜伏期間が長く高齢期に発症する慢性病で、今世紀最大の難治性疾患です。講演では、次の事項につきお話しさせて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・認知症とは・認知症はどのようにして起こるのか・認知症をどのようにして診断するのか・MCI(Mild Cognitive Impairment;軽度認知機能障害)とは・認知症の予防法をどのようにして見つけるのか・認知症をどのようにして予防するのか・認知症を発症したら、どのように治療するのか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

講演に先立ち、貴方の認知症に対する認知度を〇Xクイズでチェックして下さい。回答は講演の最後にお示し致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ウォーキングは認知症の予防になる。 〇 ・ X

◆認知症は遺伝する。 〇 ・ X

◆糖尿病だと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆虫歯だと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆料理は認知症の予防になる。 〇 ・ X

◆血圧が高いと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆魚と果物をよく食べると認知症になりにくい。 〇 ・ X

◆鬱の人は認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆頭をよく打つと認知症になりやすい。 〇 ・ X

◆人とよく付き合いをしている人は認知症になりにくい。 〇 ・ X

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

略歴など詳細はこちら

—–これからの講演—–
【第186回】平成30年6月21日(木)
「仮想通貨から冥銭まで ~~貨幣の不思議とブロックチェーンの謎~~」
岡田仁志さん@96期
国立情報学研究所 准教授
≪講演内容≫
ビットコインはサトシナカモトという謎の人物が発明した、インターネットを流れる仮想のお金です。どこかの国の中央銀行が発行しているわけでもないのに、あたかも通貨のような顔をして世界中を巡っています。とても奇怪な現象のようにも見えますが、古代の日本では輸入銭が貨幣として流通した時代もありました。いったい、貨幣というものはどうやって成立するのでしょうか。謎を解くためのキーワードは、化体(けたい)という名の社会契約です。果たして、仮想通貨に使われているブロックチェーンという技術は、どうやって貨幣らしさを表現しているのでしょうか。最新の技術を解明するとともに、台湾の道教寺院の冥銭や、古代ウル第三王朝のジッグラトなど、世界の地理と歴史に学びながら、仮想通貨の謎に迫ります。

略歴など詳細はこちら

【第187回】平成30年7月19日(木)
「未定」
中村史郎さん@81期
カーデザイナー、日産自動車㈱元専務執行役員 チーフ・クリエイティブ・オフィサー
≪講演内容≫
未定
【第188回】平成30年8月16日(木)
「未定」
竹田 誠さん@98期
国立感染症研究所 ウィルス第三部 部長
≪講演内容≫
未定
以後の講演予定

回数 日付 演題 講師 詳細
第189回 9/20
(木)
「未定」 辰巳泰子さん@96期
歌人
第190回 10/18
(木)
「わが国の防災:昔と今とこれから ― レジリエントな社会をめざして」 中島正愛さん@82期
鹿島建設(株)顧問・(株)小堀鐸二研究所代表取締役社長
 こちら
第191回 11/15
(木)
「未定」 掛谷嘉則さん@81期
株式会社不動産システム研究所 代表取締役
白馬ハイランドホテルを経営
時間: いずれの日も11:30~14:00(開場11:00)を予定
場所:
※銀座ライオン6階「ライオン銀座クラシックホール」は改装が行われるため、2018年1月より1年間、下記に日程・会場が変更になります。

日程:毎月第三木曜日
場所:「THE BAGUS PLACE
〒104-0061 東京都中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館 B1F
03-5524-3991

参加費: 2,500円
東京六稜会「東京六稜倶楽部」事務局:
 牧 武志@73期 、 山上 芳昭@79期
東京六稜会Facebookグループ:
https://www.facebook.com/groups/tokyorikuryo/