【第193回】1月「知られていない美味しい食材をご家庭に届けるために事業を立ち上げました」

1月16日開催予定

 

志水祐介さん@113期(株式会社バルーン代表取締役CEO)

2001年 北野高校卒業
2006年 京都大学工学部卒業
2008年 京都大学大学院工学研究科合成生物化学専攻修了

トーマツコンサルティング(現デロイトトーマツコンサルティング)に入社し、事業計画策定や経営管理基盤構築プロジェクトに従事。

その後、株式会社あきんどスシローの経営企画部に参画し成長戦略の策定と実行を経験。
2013年Googleに入社し、EC企業向けデジタルマーケティング立案と実行支援に従事した後、戦略コンサルティングファームを経て、2016年にトリドールホールディングスに参画。
トリドールにて、100%子会社バルーンを設立し、CEOに就任、現職。


 

≪講演内容≫

「ポポー」という果物をご存知ですか。
「天恵菇(てんけいこ)」というきのこをご存知ですか。

まだまだ世の中には美味しい食材がたくさんあります。

私が経営している株式会社バルーンは、丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスの新規事業子会社として設立し、マニアックで乙なものを一風変わった表現方法で発信しお届けする食材宅配サービスを運営しています。

今回は、私たちが参戦している食材宅配サービスの動向や今後の可能性、マニアックで乙な食材が作り出す世界だけでなく、スタートアップと呼ばれる設立間もない企業の経営の魅力や面白さについて、お話しさせていただきます。