【第194回】2月「AIは人間社会を抜本的に変える」

2月20日開催予定

 

松本徹三さん@70期(ソフトバンクモバイル株式会社 元取締役副社長)

1939年生まれ。
京都大学法学部を卒業後、伊藤忠商事 大阪本社に入社。
アメリカ会社エレクトロニクス部長、東京本社の通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行などを歴任後、1996年に伊藤忠を退社して独立。
コンサルタント業のジャパン・リンクを設立後、米クアルコム社の要請を受けてクアルコムジャパンを1998年に設立し、社長に就任。
2005年には、同社会長 兼 米国本社上級副社長に就任し、発展途上国向け新サービスの開拓などに取り組む。
2006年9月にクアルコムを退社し、同年10月にソフトバンクモバイルの取締役副社長に就任、主として技術戦略、国際戦略などを担当。
2011年6月には副社長を退任して取締役特別顧問になり、1年後に退社する。
2013年11月に、休眠していたジャパン・リンクを復活させて、現在はソフトバンクを含む国内外の通信関連企業数社とのアドバイザリー契約がある。
2013年から2年間、明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科の特別招聘教授も務めた。
最近の著書に『AIが神になる日』(SBクリエイティブ、2017年7月)がある。

 

≪講演内容≫

講演者の松本徹三氏(70期)は、元ソフトバンク・モバイルの取締役副社長で、今なお同社のアドバイザーを勤める他、一昨年に日本で出版した「AIが神になる日(インギュラリティーが人類を救う)」の英語版と中国語版を昨年末には世界の14ヶ国で発売開始するなど、世界を舞台に多忙の日々を送っておられます。

今回は「ようやく開発が本格化しはじめたAI(人口知能)が、これから人間社会をどの様に抜本的に変えていくか」をテーマに講演され、会場の皆様からの活発な質疑を期待しておられます。

講演に先立ち、同氏から講演要旨として下記のメッセージを受け取っていますので、取り敢えずご参考に供します。

1)AIブームは過去にもあったが今回のものは本物。この流れの先に必ず「シンギュラリティー」と呼ばれる大飛躍があり、人間社会はこれにより抜本的に変わる。具体的には、政治や経済は全てAIに委ねられる事になるかもしれない。この時点は遅ければ100年後ぐらいであろうが、早ければ30-40年後ぐらいになるかもしれないから、我々は今からそのことを意識していなければならない。

2)これに至るまでの間も、人間とAIの協業のあり方は絶え間なく変化する。文系、理系を問わず、頭が柔軟でAIを駆使できる人は今より忙しくなるだろうが、固定観念に囚われた人は働く場が縮小され、厳しい世の中になるだろう。しかし、AIによって生産性が更に飛躍的に高くなれば、とりあえず先進国の国民は「BI(Basic Income)」の恩恵を享受でき、一様にストレスのない生活が送れることになるだろう。

3)現在、米国のトランプ政権の政策にも見られるように、民主主義は次第にその欠点を露呈しつつあり、過度に爛熟しつつある金融資本主義も、やがては大転換を余儀なくされる可能性が高い。その一方で、人類を破滅させる核戦争や凶悪な人工ウィルス拡散の危機も、引き続き常に存在している。AIがこれらの全ての問題を解決する鍵を握ると思われるが、これからは厳しい「時間との闘い」となる。