【第194回】2月「AIは人間社会を抜本的に変える」

2月20日開催予定

 

松本徹三さん@70期(ソフトバンクモバイル株式会社 元取締役副社長)

1939年生まれ。
京都大学法学部を卒業後、伊藤忠商事 大阪本社に入社。
アメリカ会社エレクトロニクス部長、東京本社の通信事業部長、マルチメディア事業部長、宇宙情報部門長代行などを歴任後、1996年に伊藤忠を退社して独立。
コンサルタント業のジャパン・リンクを設立後、米クアルコム社の要請を受けてクアルコムジャパンを1998年に設立し、社長に就任。
2005年には、同社会長 兼 米国本社上級副社長に就任し、発展途上国向け新サービスの開拓などに取り組む。
2006年9月にクアルコムを退社し、同年10月にソフトバンクモバイルの取締役副社長に就任、主として技術戦略、国際戦略などを担当。
2011年6月には副社長を退任して取締役特別顧問になり、1年後に退社する。
2013年11月に、休眠していたジャパン・リンクを復活させて、現在はソフトバンクを含む国内外の通信関連企業数社とのアドバイザリー契約がある。
2013年から2年間、明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科の特別招聘教授も務めた。
最近の著書に『AIが神になる日』(SBクリエイティブ、2017年7月)がある。

 

≪講演内容≫

未定