【第188回】8月「麻疹ウイルスと人 –日常・地球・進化−」

8月16日開催予定

 

竹田 誠さん@98期(国立感染症研究所部長)

1967年大阪生まれ。
1986年大阪府立北野高等学校卒業。
1992年信州大学医学部医学科卒業。
信州大学医学部附属病院、市立岡谷病院にて小児科医として勤務。小児科専門医。東京大学医科学研究所にて研究生として研究に従事。
2000年学位(博士・医学)取得(東京大学大学院)。
2000年から2003年米国ノースウェスタン大学ハワードヒューズ医学研究所博士研究員。
九州大学大学院医学研究院、助手、講師、准教授を経て、2009年より現職(国立感染症研究所ウイルス第三部部長)。

委員歴など:世界保健機関(WHO)麻疹風疹ワクチン専門家委員、厚生労働省麻疹風疹対策推進会議委員など

受賞歴:日本ウイルス学会杉浦奨励賞(2006年)、厚生事業団多ケ谷勇記念イスクラ奨励賞(2007年)、小児医学川野賞(2018年)

研究内容など

https://researchmap.jp/read0118243

職場ホームページ

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-vir3.html

 

 

≪講演内容≫

麻疹(ましん・はしか)は、伝染力が非常に強く、時として命にかかわる恐ろしいウイルス感染症です。途上国では、感染者の数十人にひとりが、先進国でも感染者の数百人にひとりが命を落とします。非常に優れたワクチンが開発されているにもかかわらず、現在でも、特に途上国では、赤ちゃんや子供の主な死亡原因のひとつです。世界保健機関(WHO)や国連は、麻疹を天然痘やポリオに次いで撲滅可能かつ重大な感染症ととらえて、大掛かりな麻疹排除活動を続けています。そんな中、日本は、2007年頃までは「麻疹を輸出する国」との国際評価を受け、先進国としては、対策が大きく遅れた国でした。2008年以降の徹底した対策の強化によって患者数は一気に減少して、なんと2015年にWHOから「麻疹が排除されている国」と認定されるに至りました。しかし、麻疹の伝染力は凄まじく、海外からの渡航者を発端とした小規模な流行が今でも毎年繰り返されています。

さて、実は、犬や牛にも麻疹があります。それぞれ、ジステンパー、牛疫と呼びます。さらに海の哺乳動物であるイルカやアザラシにも麻疹があります。いずれの場合も、致死率は非常に高いです。麻疹の病原体である麻疹ウイルスは、農耕を始めた頃、牛の麻疹(牛疫)ウイルスが人に感染し、そこから進化したウイルスと考えられています。

本講演では、麻疹とは一体どのような病気であるのか。お子さんやお孫さん、そしてわれわれが、日常気をつけることは何であるのか。世界の麻疹対策が目指すものとは。そして、麻疹ウイルスは哺乳動物進化の中で、どこからやってきたのか。そんなお話しを致します。